音楽療法・音楽心理

テキスト内容

通信講座責任者:大湊幸秀

→略歴   →ネット検索

 音楽経験・楽器演奏技能は問いません 

本協会の音楽療法士・音楽心理士に一番求められるのは

「思いやりの心」です。

楽器を弾けることは絶対必要条件とは考えていません。

テキスト内容

音楽療法「3級ーⅠ」

  =音楽療法と音楽心理=

   ・ナラティブ音楽療法・音楽心理

 

  =音や音楽の様々な作用=

   1「音楽と情動の関係」  2「感情」  3「情動」

   4「音楽が持つ様々な因子と情動との関係」

 

  =音楽と脳=

   1「音がきこえるしくみ」 2「脳の構造」

   3「音楽による脳の活動」 4「音楽と脳」

=音楽がおよぼす様々な作用=

 1「音楽活動は自己愛的満足を誘発する」

 2「2層構造の音楽心理」

 3「音楽は身体にも心にも発散をもたらす」

 4「音楽はコミュニケーション」

 5「音楽の範囲」

 6「音楽活動には精神の統合的機能が求められる」

 7「集団音楽活動では社会性が求められる」

 8「同質から異質へ」

 9「回想」

 10「励まし、慰め、癒し」

 11「音楽・音は恐怖、拷問にもなる」

 

=音楽療法の歴史=

 「ピタゴラスとアリストテレス」

  2「教会音楽と音楽療法」

  3「近代音楽療法の誕生」

ページの最初へ

音楽療法「3級ーⅡ」

  ・クイズ形式の「ナラティブ音楽療法」

  ・音楽療法の準備

  ・音楽療法プログラム「目的と効果」

  ・音楽療法の心得と留意点

  ・音楽療法プログラム「作成のポイント」

  ・音楽の持つ様々な効用

  ・音楽療法に使用する機材

など

音楽療法「実践」(2級取得用テキスト)

  ・「会話」と「笑い」と「意欲」を引き出す「音楽療法」

     ノウハウ編

     ネタ編

     実践セッションの進め方

  ・プログラム作成に「直ぐ役立つ・すぐ使える」

     実践プログラム用の情報と資料

 

 

音楽療法「2級 成功への道程107」

ページの最初へ

1, 【利用者の方のことを考える】

2, 【技術(テクニック)は後からでも

   遅くない】

3, 【言葉が丁寧でも、心がこもってい

   ない言葉】

4, 【セッション中、遊び心を持って】

5, 【楽しいひとときで、次回も参加

   に】

6, 【歌を歌うだけでいいの?、音楽の

   聴取だけでいいの?】No.1

7, 【歌を歌うだけでいいの?、音楽の

   聴取だけでいいの?】No.2

8, 【笑っていただく】

9, 【暖かい気持ちで、笑いを誘う】

10, 【笑顔は最大の武器】

11, 【タイミングが大事】

12, 【アイコンタクトは大事】

13, 【利用者(対象者)を知る事が

   大事】

14, 【挨拶には人柄が表れる】

15, 【身体接触は大事】

16, 【その場に合った服装と動きやす

   い服装】

17, 【時間厳守】

18, 【事前の準備はシミュレーション

   から】

19, 【現場でもう一度シミュレーショ

   ン】

20, 【利用者の方々、全員の顔を見

   る】

21, 【見た目は怒っているように見え

   るが、心は違う】

22, 【始まる前、一人一人への挨拶が

   大事】

23, 【話は少しゆっくり&間の取り方

   が大切】

24, 【緊張しない、あわてない】

25, 【利用者(対象者)の方々の生活

   史と歌を調べる】

26, 【年をとるということを感じる】

27, 【記憶がなくなっていく辛さを感

   じ取る】

28, 【今の自分を受容し、そこから次

   へ進む気持ちをわき上がらせるよ

   うに】

29, 【大きな声で】

30, 【手際よく】

31, 【低い天井の方が声は通りやす

   い】

32, 【動きは大きく大げさに】

33, 【全力全開で】

34, 【神経をとぎすまして】

35, 【何が必要か、何が必要とされ

   ているのか】

36, 【人生とは、人はなぜ生きるの

   か】

37, 【押しつけになってないか】

38, 【こちらに集中してもらう為に

   は、少々多動で】

39, 【集中を維持するには】

40, 【準備が出来て、そこがスター

   ト地点】

41, 【イメージトレーニングは常

   に】

42, 【自己満足になってないか、気

   取ってないか】

43, 【利用者の方の喜びが、自身の

   喜びへ】

44, 【習い、そして慣れる】

45, 【人のセッションに参加して、

   何が良いのか、何が悪いのか

   を感じ取る】

46, 【音楽にも話にも、即興性が求

   められる】

47, 【身内だけで盛り上がらない】

48, 【答えるのは利用者の方】

49, 【学校の先生になってないか】

50, 【冗談が通じなくてもあわてな

   い】

51, 【言葉遣いに注意】

52, 【親しき仲にも礼儀あり】

53, 【論より証拠(現物)】

54, 【してやっている・させている

   感覚は捨てる】

55, 【条件反射? いや思考反射】

56, 【同じ曲順でも、違うストー

   リーを創り出す】

57, 【困った時の民謡頼み】

58, 【話のテンポと間を意識的に

   コントロールする】

59,【自分の体調管理を意識して行

   う】

60,【利用者の方々を罹患させない

   ために】

61, 【忙しそうに後片付けをしな

   い】

62, 【BGMは大事-1】

63, 【BGMは大事-2】

64, 【自分の気持ちを高揚させるコ

   ツを会得する】

65,【電子楽器は始める前に出音を

   確認する】

66,【足もとを整理整頓】

67,【自身の中にタイムキーパー

   を】

68,【参加して下さった利用者の

   方々に感謝する】

69,【利用者の方々がいて、生活出

   来ることに感謝】

70,【自分の周りにいる方々に感

   謝】

71,【わざと忘れた振りも必要】

72,【無知の姿勢(アプローチ)】

73,【複数同時行為行動が求められ

   る】

74,【臨機応変と行き当たりばった

   りは違う】

75,【セッションに息づかいを感じ

   て】

76,【馴染みと、馴れ馴れしいは違

   う】

77,【即興と適当は違う】

78,【主役はどっち?】

79,【喜んで頂ける会話とは】

80,【ヒントの出し方を工夫する】

81,【会話を楽しむ】

82,【言って良い冗句、悪い冗句】

83,【プロとしての自覚が必要】

84,【連れてこられる・座らされ

   る・聞かされるなどの「られ

   る」に注意】

85,【仕事を大好きに、利用者の方

   を大好きに】

86,【どうする? 愛する】

87,【活気のある、ひとときを】

88,【元気な気持ちは、発声から】

89,【時々、相談事をする】

90,【最近あった出来事を、面白可

   笑しく話す】

91,【知識から知恵に】

92,【自分のファンを沢山増やそ

   う】

93,【現場ならではの貴重な体験を

   自分のモノに】

94,【利用者の方々の生活の一部、

   人生の一部に】

95,【質問上手に】

96,【共感し共有する】

97,【毎日の中で気づきの訓練を】

98,【日々の生活の中に使える事は

   沢山ある】

99,【同じ利用者の方、いつも同じ

   感情とは違う】

100,【音楽療法はサービス業 心

   からのサービス】

101,【「今日はあなたが担当だか

   ら来たの」と言われるのを目

   指せ】

102,【阿吽の呼吸】

103,【言うは易く行うは難し】

104,【石の上にも三年】

105,【急がば回れ】

106,【一を聞いて十を知る】

107,【失敗は成功のもと】

ページの最初へ

=音楽心理=

音楽心理「3級」コース

  ・音が聞こえるしくみ  ・脳の構造

  ・音楽による脳の活動  ・音楽と脳

  ・感性とは       ・感性行動学
  ・失われた感性

  ・サウンドスケープ、サウンドスケープデザイン
  ・騒音、静けさ     ・BGMの効果

 など

ページの最初へ

音楽心理「2級」コース

 (音楽を離れ「人間心理」について)

  ・心理学とは

    心理学の定義  方法論

    実験・観察・調査・事例研究・相関関係・統計と確率

    など

  ・シャルコーとヒステリー  ・ブロイラーとアンナ

  ・フロイトの精神分析    ・今日の心理療法

   な

ページの最初へ

音楽心理「1級」コース
  ・音楽によるイメージ誘導法 GIM
  ・バイオミュージック  ・1/fゆらぎ  ・体感音響装置
  ・ストレスと音楽

  ・脳と意識

    「私」と「私の意識」は同じなのか

    「脳」と「意識」「身体」

    「動物の脳と、人間の脳」

    「脳と身体は密接な関係にある」

    「人間は脳が持っている全ての能力を使っているのか」

    「人間にはなぜ、目が2つあるのか」

    「様々な錯視、錯覚。ゲシュタルト原理」

    「感情は、意識? 無意識?」

    「私達は、どこまで意識して自分を

         コントロールしているのか」

  ・音楽と映像

    「映像が持つイメージやメッセージが、音楽によって様々

    に変化する」

  など

TOP HOME

since 2013-01-1 / Copyright 2013 Japan Narrative Music Therapy Associacion. All Rights Reserved.

JNMTA