通信講座

メンタル音楽療法士 コース

(Mental Music therapist)

メンタル音楽療法士2級取得講座

     受講費  49.800円(税込・送料込)

   メンタル音楽療法士 2級申請料(10.000円)を含みます

<本協会未加入の方>

 入会金がプラスされます。

 49.800円(受講料)+ 5.000円(入会金)

  合計 54.800円

<協会会員の方>  または、同時に他の講座を受講の方

  合計 49.800円

カード決済などが出来る「新ホームページ」

<テキスト>

 ・「メンタル音楽療法士2級」テキスト   1冊

 ・「確認レポート」1・2・3       各1冊

 

<テキスト収納ケース>

 

<受講期間 最大2年以内>

   (早期レポート提出にて短期間で修了も可能です)

  ※ ただし、人生には予定外の様々なことが起こります。

    受講期間について何かありましたら、御相談頂きたいと思います。

 

<修了後、申請書提出と認定料納付により

                          「メンタル音楽療法士2級認定」>

   認定料「15.000円」納付確認後、認定証を発行し送付いたします。

   ※ 修了=全レポート合格

この講座では下記のような

「心の病気」について学ぶコースです。

Mental(メンタル)

■「精神状態」の正常と異常

■「精神症状」

■「精神機能の諸要素」

■「精神機能諸要素」の要素的機能の異常

 1 意識の異常

 2 知覚の異常

 3 言語・行動の異常

 4 記憶の異常

 3 知能の異常

 4 見当識の異常

 5 思考の異常

 6 気分、感情、情動の障害

 7 意欲の異常

 8 自我意識の異常

■「精神疾患」の分類

■「精神医学における診断と分類」

 ■1 統合失調症

 ■2 気分障害(感情障害)

 ■3 不安障害

 ■4 ストレス反応

 ■5 パーソナリティ(人格)障害

 ■6 自殺と自傷行為

 ■7 摂食障害

 ■8 ひきこもり

 ■9 器質性精神医学

    ▼パーキンソン病(PD)

    ▼ハンチントン病(HD)

    ▼肝レンズ核変性(ウィルソン病[WD])

    ▼伝達性海綿状脳症(プリオン病)

    ▼てんかん

    ▼失語

    ▼認知症

    ▼アルツハイマー病(AD)

    ▼レビー小体認知症(LBD)

    ▼脳血管性認知症(VaD)

 ■10 老年期の機能性障害

     老年期のうつ病

 ■11 急性錯乱状態(せん妄)

 ■12 児童精神医学

   ★発達障害

   ★精神遅滞(知的障害)

   ★学習障害「L D」Learning Disabilities(DSM-Ⅳ)

   ★広汎性発達障害(DSM-Ⅳ)

     DSM-5では「自閉症スペクトラム(ASD)」

    【自閉症】Autistic  Disorder

    【アスペルガー症候群】AS

    【小児期崩壊性障害】CDD

    【注意欠陥多動性障害】ADHD

    【レット症候群】

    【ダウン症候群】Down  Syndrome

 ■13 対象者への音楽療法

 ■14 対象者と向き合う時の基本精神

 ■視覚障害について(盲学校の子供たちと)

 

など全100ページ程度

メンタル音楽療法士(Mental Music therapist)

 コースの認定は次の2段階(3級はありません)

  ・メンタル音楽療法士(Mental Music therapist) 2級

  ・メンタル音楽療法士(Mental Music therapist) 1級

 

どなたでも受講いただけます。

   ※「心の病気」について学んだ証となります。(机上の勉強)

 

メンタル音楽療法士2級のレポートは、他の講座レポートと違

 いテキストを「手書きで書き写す」レポートとなっています。

 これは、心の病は様々ありますが、それらを分類する境界は、

 はっきりしていない状況のためです。

 ですので、様々な心の病について知ってなければなりません。

 単純に、この症状だから、この検査結果だから「この病」とは

 言い切れない部分を持っています。

 ですので、手書きでテキストを書き写すことにより、様々な心

 の病のことを頭の中に記憶して欲しいと思っています。

 また書き写しながら、いろいろなこと「例えば、正常とはなん

 だろう」なども考えて頂きたいと思っています。

 



 

メンタル音楽療法士(Mental Music therapist)1級

  実際に精神科や心療内科などの病院、授産施設や各種施設(高齢者施設は除

  く)、特殊学級を含む各種特別児童施設、個人やグループなどが主宰する様々

  な会などで音楽療法をおこない、事例研究や、心の病気に関する論文などを提

  出いただき、内容を検討し合否を決定。

  講座などは、ありません。

 

  対象となる方は、言葉でのコミュニケーションが難しい方も多くいらっしゃい

  ますので、音楽を用いてのコミュニケーションが求められる可能性もありま

  す。

 

<1級申請条件>

   申請時に

   1)本協会在籍1年以上

   2)メンタル音楽療法士(Mental Music therapist)2級であること

   3)音楽療法士3級以上の認定であること

   4)音楽心理士3級以上の認定であること

   5)事例研究5例以上

   6)小論文(下記テーマから1つ選択)

     ・心の病気と様々な社会的事件

     ・自閉症(自閉症スペクトラム障害)と受動的&能動的音楽活動

        自閉症=DSM-Ⅴでは自閉症スペクトラム障害

        DSM-Ⅴではアスペルガー障害(DSM-Ⅳ)も

        自閉症スペクトラム障害の中へ

     ・「心の病気」の方と「音楽の癒やし」

     ※ 5)事例研究、6)論文ともデジタル出稿のみ受付

       (合格後、会報誌などに掲載予定)

   7)認定料 20.000円

 

 次のご質問を頂きました。

  ・メンタル音楽療法士1級取得には、どの程度の音楽経験や楽器演奏技能が求

   められますか。

   =例えば、ピアノではソナタ程度、エレクトーンでは5級程度などの指針は

    ありません。
    心の病気の方に、音楽療法が出来る音楽経験や楽器演奏技能です。

    事例研究を拝見して「それが音楽療法であるか」「支援であるか」などを

    判断します。

    本協会では音楽経験や楽器演奏技能の程度は問いませんが、実際の音楽療

    法現場では大きく問われることがあるかと思います。

    音楽大学や音楽の専門学校を卒業していなくても、行っていることが音楽

    療法であると認めた場合、メンタル音楽療法士1級と認定します。

TOP HOME

since 2013-01-1 / Copyright 2013 Japan Narrative Music Therapy Associacion. All Rights Reserved.

JNMTA