☆大雑把・気にしない

  ・何でもスポンジで掃除する

  ・まな板を殆ど使わない

  ・包丁ではなく、小さいテーブルナイフ(それも切れない)で食材を切る

  ・水が硬水なので、髪を頻繁に洗わない

 

☆傘はダサイ

  雨の日でも傘をささないのがパリっ子、さしているのは観光客だけ

  この為、雨の日は車を使う人が増えるので渋滞発生が多くなる

 

☆車のバンパー、駐車時には(駐車する時も、出る時も)ぶつけるもの

Paris et cetera

  空港からホテルまで送迎を頼んだ方曰く「パリの人に、日本ではバンパーにキズ

  をつけたら大変な事になると言ったら、それではバンパーにバンパーを付けなけ

  ればなりませんネ」と言われたそうです。

  駐車する時も出る時も、車を前後に「ぶつける」と言いますか、前後に「押す」

  のだそうです。

  さすがにフェラーリなどの超高級車の路上駐車は見かけませんでしたが、上級

  クラスのベンツは駐車していました。

 

☆日曜日はお休み

  宗教上、日曜日は様々なお店が休みとなります。諸外国のようにコンビニはあり

  ません。

  最近、日曜日も営業しているお店が出てきましたが少数のようです。

  今回の旅では行く前から困りました。パリに到着するのが日曜日だったからで

  す。パリ到着日に美味しいワインを買うことが出来ない。

  どうしようと思っていましたら、到着したシャルル・ド・ゴール空港の到着出口

  にイギリス系のチョッとしたスーパーがありワインを買うことが出来、満面の笑

  顔でホテルへ向かいました。

 

☆数の数え方が違う

  60台までは、日本とだいたい同じ数え方ですが

  61は「ろくじゅういち」(60+1) 65は「ろくじゅうご」(60+5)

  70台から、70は「60+10」、71は「60+11」、75は「60+15」となり

  80台から、80は「20×4」、81は「20×4+1」、85は「20×4+5」などとなり

  ます。

  また、諸外国も含めて「買物のおつり」は足し算で考えます。

  日本では「930円の物を買った時、1.030円を出して100円のおつりをいただ

  く」が、これは引き算で計算しているのであって、諸外国では1.030円出されて

  は困る。

  930円の物に1.000円出されると、930円にお金を足していき1.000円になった

  ら、それがおつりとなるわけです。足し算です。

  今回のパリでもスーパーで1.030円だしましたら30円はいらないと返してくれ、

  おつり70円をいただきました。(実際はユーロですが)

 

☆電車内でお金の無心

  高齢者施設へ向かう電車内で、隣の車両から身なりのきちんとした男性がやって

  来て、車内中央に立ち大きな声で乗客に話し始めました。何事かと通訳の方に聞

  きましたら「今、大変お金に困っている。誰か私を助けてくれないか」と言うよ

  うなことらしい。

  ウォール街にいてもおかしくないような、黒っぽい背広できちんとした身なり。

  日本ではその姿からは想像出来ない話ですが、通訳の方「良くありますヨ」との

  ことです。

最初に戻る↑

☆地下鉄電車の素通り

  時々、運転手の間違いなどで、停車するはずの駅を素通りすることがあるらしい

  のですが、アナウンスは「次の電車をお待ち下さい」で終りとのこと。

  乗客は誰も文句を言わず、黙って次の電車をまっているのだそうです。

  日本でしたら大変です。新聞などに事件として掲載されます。

最初に戻る↑

☆頑固

  日本で知り合いの所にホームステイしたフランス人。

  「ゆで卵」を食べる時、まわりの皆さんは手で殻を割って食べているのに、エッ

  グスタンドに乗っていない「ゆで卵」は絶対に食べなかったそうです。

  (何度も)

 

☆歩行者用の信号はあってないようなもの

  みなさん歩行者用が赤でも車が来ないと渡っています。

  凄かったのはフランスモードの小粋な紳士。夕暮れ時に五差路の広い交差点の真

  ん中を、信号に関係なく1人悠々と渡って行ったのです。多くの車が行き交う五

  差路でしたが、交通の妨げにはなっていませんでした。信号の切り替わりの短い

  時間を上手く使っていたようです。

パリのビストロ(居酒屋風レストラン)で、ピアノを弾いてきました。

最初に戻る↑

Monologue Return
TOP HOME