・利用者の方から

 ・受講生の方から

音楽療法・利用者の方々から

・「これが終わって家に帰っても

  なにかしら楽しくウキウキした気分で過ごすことができるの。

  ありがとね。」

       (ディケア 89歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「顔を見ただけで元気が出て、うれしくなっちゃうわ」

       (グループホーム 80歳 女性 毎週参加の方)

 

・「よ~!元気かい! 懐かしいな~! 5年ぶりになるかい!」

       (特養入所 85歳 男性 毎週参加の方)

 

・「こんな楽しい所に来ることができて、私はラッキーだね」

     (ディサービス 87歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「家に帰ってからも、思い出して楽しくなるわ〜!」

   (ディサービス 75歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「リハなど他のものには出ないけど、

              これだけは楽しみで出てくるの」

       (特養入所 78歳 女性 毎週参加の方)

 

・「今日も、おおいに笑わせて下さいヨ! アハハハ!」

     (ディサービス 95歳 男性 単身 毎週参加の方)

 

・「歌は心のビタミンだね〜!」

(特養入所 82歳 女性 毎週参加の方)

 

・「若かったら、先生に惚れてたネ!」

    (ディサービス 87歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「あら〜! 今日会えると思ってなかったワ〜!

                   何処行ってたの!」

     (ディサービス 82歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「待ってましたヨ!」

(ディサービス 89歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「あ〜! 来てくれて嬉しいわ〜!」

        (特養入所 79歳 女性 毎週参加の方)

 

・「こんなに年寄りを喜ばせてくれて、ありがとう」

      (ディケア 92歳 男性 単身 毎週参加の方)

 

・「歳をとってから、こんなに楽しいことが待ってたなんて、

              思いもしなかった。ありがとう」

    (ディサービス 89歳 女性 単身 毎週参加の方)

 

・「ここに毎週来ることができる私は、幸せ者です」

    (ディサービス 88歳 女性 単身 毎週参加の方)

(^^)楽しい利用者さん 

 START HOME

音楽療法・受講生の方々から

 実習生数名で介護実習のため高齢者施設へ行ったとき、施設の方から実習生それぞれに、実習期間担当となる利用者の方を決められました。ほとんど介護度3前後で車椅子を利用している方が多く、認知症も進んでいるようにみられました。

 担当となった利用者の方と初めて会ったとき、何を話したら良いのかわかりませんでしたが、とっさに腰を落とし、目線を会わせて童謡を歌ったところ、その方も一緒に歌い始め、初めてお会いしたのに心と心が通じ合ったように思われ、胸が熱くなり涙ぐんでしまいました。

 他の実習生を見ると、高齢の利用者の方と何を話したら良いのかわからず、ただ近くに佇んでいるように見えました。

 その後食事介護など、その方を通して様々な介護の勉強をしましたが、介護をしながら歌を一緒に歌うなどして、スムーズに実習が出来ました。

 後日、施設の方から聞いたのですが私が担当した方は少々くせ(?)のある方で、食事介護など大変な方なのに非常に上手く介護をされていて驚いた、と聞きました。

 一番最初にお会いしたとき、歌を通しての「心と心のコミュニケーション」がとれたことにより、その後の介護が上手くいった原因なのではと思います。

 音楽療法を勉強していて良かったと実感しました。

 

 高齢者施設での音楽療法に、アシスタントとして参加しています。初めて参加したとき利用者のみなさんから「名前は何というの?」「何処からきたの?」などと声をかけて頂き、また帰るときには「楽しかったよ!」「また来てね」「今度いつ来るの」「元気でね」などと言われ、私自身の「心」が熱くなり私自身が療法を受けているような気持ちになったのを覚えています。

 その後、参加するたびに「あら〜元気だった?」「しばらく顔を見なかったから心配してましたよ」と声をかけて下さったり、手をギュッと握りしめて下さったりして頂き、毎回「心」も「顔」も笑顔となり「さあ〜これからも、日々いろいろな事、頑張ろう」という気持ちが湧いてきて、利用者の方々から逆に元気を頂いているような感じです。

 

 高齢者施設で介護職をしています。音楽療法を学ぶ前は高齢者の方々と何を話したら良いのか、どう接すると良いのかわからず、ただ言われた仕事をこなしているだけで、心からのコミュニケーションがとれなく、お互いにモヤモヤした気持ちで接していたと思います。

 音楽療法を勉強してからは、音楽や歌をきっかけとして様々な事を話せるようになり、お互いの心が接近してきたように思います。そのことにより介護作業もスムーズに運ぶことが多くなり、施設からの評価も上がってきたように感じています。

 

 認定を取得しました。何か周りの方々の見る目が変わったような感じがします。

私自信も自分に自信が湧き、これからいろいろな事にチャレンジしようとする気持ちが出てきました。この事には自分でもビックリです。

 何か昨日の自分とは違う感じがしてきます。達成感と充実感、それに今後の希望が何かしらわきあがって来ています。

Return Narrative
TOP HOME

since 2013-01-1 / Copyright 2013 Japan Narrative Music Therapy Associacion. All Rights Reserved.

JNMTA