皆様からいただいた

     様々な「ご質問」

<年会費について>
1)「年会費は払い続けなければならないのでしょうか」

   ・2019年度より「永久会員」を新設します。

    永久会員は「年会費:無料」となります。

    永久会員条件は「10回の年会費納入」だけで

    翌年より永久会員となり、年会費は無料となります。

    詳しくは「こちら」➡を御覧下さい。

 

2)「音楽療法士や音楽心理士、メンタルマスターなどの資格を複

  数取得した場合、年会費はそれぞれの資格分、支払うことにな

  りますか」

   ・いいえ。2018年度より、認定に関係なく「会員としての

    年会費」ということで、複数の音楽療法認定をお持ちで

    も、会員全員の皆さま同額の1万円となりました。

 

3)「年会費の支払い時期はいつになりますか」
   ・本協会の事業年度は、毎年6月1日から翌年5月31日ま

    でとなっておりますので、原則4月1日〜7月25日まで

    にお支払いいただきます。

 

4)「年会費の支払い方法について知りたいのですが」

   ・郵便振込、銀行振込、手渡しでのお支払いをお願いいたし

    ます。
   ・原則4月中に振込手数料無料の郵便振込用紙を送付いたし

    ます。

 

<通信講座について>
1)「音楽療法士3級取得まで、期間は通常どのくらいかかりま

   すか」

  ・音楽療法士3級取得講座受講の場合

   「3級-Ⅰ」「3級-Ⅱ」のテキストなどを一括に送付いたし

   ます。それぞれ3つのレポート問題があり、合計6つのレ

   ポートに合格しなければなりません。

   早い方ですと数週間程度で全レポート合格となり、音楽療法

   士3級を取得しています。

   平均的には、6ヶ月程度で取得する方が多くいらっしゃいま

   す。

 

2)「音楽療法士2級取得までを教えて下さい」
   ・音楽療法士2級申請条件の1つに「協会1年以上の在籍」

    がありましたが削除されました。このため短期間での取得

    が可能となります。

    早い方ですと2ヶ月程度で音楽療法士2級を取得していま

    す。

    今までの最速は驚きの「16日間」に更新されました。

   <最短で取得する例>
    1)音楽療法士2級取得講座コースを受講

    2)「3級-Ⅰ」「3級-Ⅱ」を修了し音楽療法士3級取得

    3)「実践」のレポート

      ある施設での音楽療法セッション1時間程度の台本

     (シナリオ)制作です。

      イメージしながらの制作となりますので、時間がかか

      る作業となります。

    4)「実践」のレポート合格後、申請書を作成し事務局へ

      送付します。

      受講コースによっては申請料(1万円)が発生しま

      す。

      音楽療法士2級取得講座コースの場合、申請料はかか

      りません。

    5)申請書を確認後、認定料(1.5万円)納付していただ

      き認定書を発行、音楽療法士2級認定となります。

      認定料が納付されない場合、認定となりません。

 

3)「音楽心理士取得について教えて下さい」

   ・音楽心理士認定は

    「初級」講座レポート合格➡修了➡音楽心理士3級認定

    「中級」講座レポート合格➡修了➡音楽心理士2級申請

                   ➡音楽心理士2級認定

    「上級」講座レポート合格➡修了➡音楽心理士1級申請

                   ➡音楽心理士1級認定

   ※ 申請条件に、協会在籍期間などありませんので、早期の

     認定取得が可能となっています。

 

4)「音楽療法」と「音楽心理」について

    音楽療法の講座内容は「高齢者の方々への音楽療法」と

    なっており、高齢者施設や高齢者を対象としたデイサービ

    スなどでの音楽療法セッションを想定した内容となってい

    ます。

    ただ受講しました会員の方で講座内容をアレンジし、高齢

    者の方々だけでなく児童や精神疾患の方々へ音楽療法を

    行っている方も多数いらっしゃいます。

 

    音楽心理の講座内容は「感性や心理」などから、音楽

    (含BGM)がどのように私達の心理に作用するのか、

    また心理学と言われる人間心理、脳と私の関係音について

    (理科的)、映像と音楽の関係、などの内容となっていま

    す。

    例えば、「東京の電車発車音」「メッセージや危険などを

    知らせる、サイン音」「環境音」「動植物への音楽」な

    ど、生活上で「心に訴える・知らせる・心安らぐ」音や音

    楽が音楽心理となり、これらを考え、提言し、制作なども

    行うのが音楽心理士と位置づけています。

 

5)「レポート提出はメールで可能ですか」
   ・はい。希望する方はお知らせ下さい。

 

   1)メール文面での提出

     メールの文面にレポートの解答をそのまま記入し送信し

     て下さい。

     そのとき忘れずに、どのコースの、どのレポートか、レ

     ポートNoとレポート問題Noを記入して下さい。

 

   2)Wordをメールに添付して提出

     Wordのレポート問題集をメールに添付してお送りしま

     す。

     Wordレポートに解答を記入し、メールに添付して返信

     下さい。

     お送りするファイルタイプは「Word 97-2003文書」

     となります。

 

    ・メールでの解答は世界中から出来ますので、海外の皆様

     も受講可能となります。ただし日本語のみ対応です。

 

6)「講座のレポート問題は難しいでしょうか」

   ・いいえ。

    「次の中で正解は」「次のことについて説明しなさい」な

    ど、テキストを読んで頂くとわかる問題や、「テキストに

    書かれていいる{例}以外に何がありますか」「このこと

    についての考えを書きなさい」など考察する・要約するな

    どの問題となっています。

 

   ・今まで多くの方が受講しましたが、皆さん全員合格してい

    ます。

    間違った場合「ここをもう一度解答を」など再考して頂

    き、満点を目指していただきます。

    その時「テキスト○ページをもう一度お読みになって下さ

    い」など、ヒントが出ることもあります。

 

   ・レポートや試験は「落とそう」という方向ではなく、「受

    かって頂きたい」との思いで添削や点数をつけています。

    皆さんに受講時の思いを達成して頂き、認定後も頑張って

    多くの利用者みなさんと共に幸せになって頂きたいと思っ

    ています。

 

   ・問題数は、それぞれだいたい20問前後程度です。
    音楽療法「実践」は、台本(シナリオ)提出だけです。

 

7)「特定商取引法に基づく標記」も参照下さい。

    特定商取引法に基づく標記 ➡

<認定について>
1)「3級認定でも、履歴書や名刺などに記載しても良いのでしょ

   うか」

  ・はい。

   現在、音楽療法士、音楽心理士は国家資格ではありません。

   本協会の認定となっておりますので、履歴書や名刺などに資

   格を記載する場合、必ず「日本ナラティブ音楽療法協会」の

   認定とわかるようにお願いします。

   例えば「音楽療法士3級」だけでなく

  「日本ナラティブ音楽療法協会 音楽療法士3級」または

  「NPO法人 日本ナラティブ音楽療法協会 音楽療法士3

   級」と記載下さい。

   なお2級認定からは、協会で名刺を作成しお渡しします。

 

2)「仕事とする場合、認定は何級を取得したらよいでしょうか」

  ・いろいろな仕事の形態がありますので、一概に言えませんが

   3級でも充分可能と考えます。

   実際に音楽療法士3級で仕事をなさっている方もおります。

   ただしその方々は、次の2級取得を目指し日々頑張っていま

   す。

   協会としては1級、または2級取得を目指して頂きたいと考

   えています。

 

3)「認定は一度取得すると、協会在籍中は永遠に有効なのでしょ

   うか」

  ・協会在籍中有効となります。

 

  ・2019年度より「5年の更新性」となり、2回更新後は「永

   久認定」となり、更新の手続きはありません。

   1回目の更新は認定取得後5年目となり、2回目の更新は

   1回目更新後の5年目で、翌年より「永久認定」となりま

   す。

   詳しくは「こちら」➡を御覧下さい。

 

  その他何かご不明な点などありましたら、電話または下記の問

  合せフォームなどから、遠慮なくご連絡いただきたいと思います。

資格

TOP HOME

since 2013-01-1 / Copyright 2013 Japan Narrative Music Therapy Associacion. All Rights Reserved.

JNMTA